忍者ブログ
『食』と『酒』。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
槙邑賢壱
性別:
非公開
自己紹介:
リンクフリーです。
コメントお気軽にどうぞ。

(mixi)
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

(mail adress)
serius65@hotmail.com
最新CM
[10/09 セフレ]
[03/31 居酒屋探偵DAITEN]
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どこかの坊さんの大変貴重なお話によれば、「冷や飯と沢庵」が一番のご馳走であり、
「肉を喰らう奴は、どこか獣の目をしておる」、という。

そんな話を聴いてしまったものだから私自身も肉食を辞め、
「冷や飯と沢庵」のみの生活を行ってみたものの...
いやたしかに冷や飯は米の味が味わえるわけであるし、「米のお供に沢庵」というのはある意味贅沢なのである事はよーくよく身を持って分かっているつもりではある....。

結局、3日と持たずに「獣」に戻りまして、まるで獲物を狙うかの様な目でやってきたのは鶴見である。


鶴見は駅前に居酒屋街やちょっとした旅館があり、日曜日でも多くの店が賑わっている....
と、まるで街全体を知っているかの様に言っているが....実は2回目である(笑)。

街をうろついていると、何やら良い匂いがしたものなので入ってみることにしたのが此処だ。


【写真 後日掲載予定】


店内はとても清潔で、カウンター席が多めなのだが、
そのカウンターにロースターが設置してある(2人で1台)のがとても嬉しい。

「はい、いらっしゃいませ!」

ちょっと茶髪でイケイケ(笑)な、おかあさんが迎えてくれる此処、「わっしょい」は
創業は今年の夏で10年目。
息子さんとおかあさんで切り盛りしているのだが、日曜日はおかあさんだけのようだ。


メニューには、キムチ、サニーレタス、レバ刺し、センマイ刺し等、小さな店ながらも揃っており、
ドリンクはビールから白&黒ホッピーをはじめ、パンチサワーといった、面白いものもある。


さて、肝心のお肉はというと...、こりゃもう文句無しなのである。

1つ目は「安さ」に驚いてしまった。
肉類は650円以上のメニューは無いのである。
その650円というのは牛カルビと牛ハラミであり、その他はほとんど350円という値段なのである。

2つ目は「量」だ。
本当にこの値段で、こんなにタップリともらってしまって良いのだろうか、と思ってしまう程だ。

例えば、ジンギスカンは薄めのスライス式ではあるが、これが350円とは....、しかも美味い!
都内で偉そうに踏ん反り返っているジンギスカン屋に平手の一発でもかましてやりたいほどである。

3つ目に「種類の多さ」である。

メイン(?)のジンギスカン、豚タンや豚ハツ、ホルモン、等の定番をはじめ、珍しいものには、
『センマイの皮 塩焼き』や『豚のどなんこつ』なんてのもあり、しかもこれらも350円!

センマイの皮は焼くと驚くほどコリッコリとしており、そして丁度良い塩味で正しくお酒の友である。
センマイ刺しは食べたことはあるのだけど...という方は是非とも試してもらいたい。


さて、焼肉といえば〆も大事である。
メニューを見ると『クッパ (辛)』とあるのでそれを頼んでみたのだが...これが驚いた驚いた。


「辛いの大丈夫ですか?大丈夫だったら『一本』入れちゃおっと。」

『一本』とは何の一本だろうかと考えている内に来たクッパは...

見た目は普通なのだが、食べてみると、『ウッヒャーー、こりゃ辛美味い!』。

おかあさんの話によれば、どうやら韓国の『青唐辛子』を使っているのである。
こりゃまだまだ夜が寒い時期には、とっても嬉しいものである。


さて、散々食うに喰って(笑)、お勘定はというと「2550円ねーっ。」


いやはや、大衆焼肉万歳である!


『カウンター越しに、店の方と会話を交わし、肉を食う事ができる』、
なんとも素晴らしいお店であった。



焼肉処 わっしょい
横浜市鶴見区鶴見中央4-27-6
045-501-2917
PM4:30~PM11:30 ラストオーダーPM11:00
年中無休

その他詳細 
http://www.syu-wa.co.jp/osusume016wasyoi.htm

※おかあさんの話によれば、たまに珍しい部位が入ってくることもあるそうです。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
焼肉処「わっしょい」
どこかの坊さんの大変貴重なお話によれば、「冷や飯と沢庵」が一番のご馳走であり、 「肉を喰らう奴は、どこか獣の目をしておる」、という。 そんな話を聴いてしまったものだから私自身も肉食を辞め、 「冷や飯と沢庵」のみの生活を行ってみたものの... いやたしかに冷や飯は米の味が味わえるわけであるし、「米のお供に沢庵」というのはある意味贅沢なのである事はよーくよく身を持って分かっているつもりではある....。 結局、3日と持たずに「獣」に戻りまして、まるで獲物を狙うかの様な目でやってきたのは...
URL 2008/04/15(Tue)10:10:32
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[5] [4] [3] [2] [1]

Copyright c 你 喝不喝 酒?。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]